曽根剛 × 上田慎一郎

永遠の1分。

永遠の1分。

3.4 FRI  ROADSHOW ARTS for the future! 久慈市メイキング映像
アメリカ人が3.11を題材にしたコメディ映画を撮る!?  不謹慎!?“笑い”を武器に東日本大震災と向き合う!
ARTS for the future! 久慈市メイキング映像
イントロダクション

INTRODUCTION

曽根剛×上田慎一郎が魅せるエンターテイメントの新境地

曽根剛が監督を務め、上田慎一郎が脚本を手掛けた本作は、東日本大震災と真摯に向き合い、“笑い”がもたらす癒しの力で困難や葛藤を乗り越えていく姿を描くヒューマンドラマだ。世界が困難に立たされている今、多くの人を前向きにしたいという熱い想いが込められている。ユーモアたっぷりの小ネタもテンポ良くちりばめられ、伏線回収はもちろん、制作陣が実際に苦悩したことを追体験することができる極上のエンターテイメント作品となっている。
主演には、『コンフィデンスマンJP』でダー子たちの執事役で知られるマイケル・キダ。主題歌とヒロイン役に、ヒップホップ・シーンでカリスマ的な存在感を誇るラッパーAwich。そのグルーヴ感あふれる圧倒的な歌声も本作の大きな見どころだ。その他、毎熊克哉、ライアン・ドリース、片山萌美、ルナ、中村優一、アレクサンダー・ハンター、西尾舞生、そして渡辺裕之など国際色豊かな実力派俳優陣が脇を固める。

INTRODUCTION

不謹慎!?
アメリカ人が3.11を題材にした
コメディ映画を撮る

コメディが得意なアメリカ人の映像ディレクター・スティーブは、3.11のドキュメンタリーを作るために来日するが、被災地を訪れた際に見かけた演劇の舞台をきっかけに、コメディ映画を作ろうと考える。取材を重ねる中で被災状況を目の当たりにし、かつ週刊誌に誹謗中傷の記事が出るなど、暗雲が立ち込めてしまう。しかし、彼には映画を撮らないといけない理由があったのだ。一方、3.11で息子を亡くし、ロサンゼルスに移り住んだ日本人シンガーの麗子。歌のせいで息子を失ったという罪悪感に苛まれ、再びシンガーとして活動することや日本に残してきた夫と向き合えない年月を過ごしていた。ある時、彼女は夫からの手紙の中にあるものを見つけるが…。

CAST

マイケル・キダ

1979年9月23日生まれ、アメリカ・ニューヨーク出身。知り合いの紹介でNHK国際放送の番組に出演して以降、モデル、CM、レポーター、俳優などのタレント活動をスタート。CX「コンフィデンスマンJP」(18)、『旅するダンボール』(18)のナレーションや、『最高の人生の生き方』(19)などに出演。現在は、本の執筆や2000坪のオーガニック農園「Organic Geeks」を営みながら生活している。

Awich

1986年12月16日生まれ、沖縄出身。2006年EP「Inner Research」でデビュー。2017年、ヒップホップクルーYENTOWNに所属。2020年ユニバーサルミュージックよりEP「Partition」にてメジャーデビュー。映像関連では、自ら脚本・監督を務めた短編映画『Aimer』(17)や、アジアを舞台にしたヒップホップドキュメンタリー「Asia Rising:The Next Generation of Hip Hop」(19)への出演などがある。

毎熊克哉

1987年3月28日生まれ、広島県出身。主な映画出演作として、『ケンとカズ』(16)、『北の桜守』(18)、『万引き家族』(18)、『轢き逃げ 最高の最悪な日』(19)、『AI崩壊』(20)、『いざなぎ暮れた。』(20)、『生きちゃった』(20)、『サイレント・トーキョー』(20)、『孤狼の血 LEVEL2』(21)、『マイ・ダディ』(21)など。公開待機作品に『愛なのに』(22)、『猫は逃げた』(22)が控えている。

片山萌美

1990年10月1日生まれ、東京都出身。主な出演ドラマに「いだてん」(19/NHK)、スペシャル時代劇「十三人の刺客」(20/NHK)、「警視庁強行犯係 樋口顕」(21/TX)。映画出演作品に『屍囚獄』(17)、『万引き家族』(18)、『富美子の足』(18)、『いなくなれ、群青』(19)、『銃 2020』(20)、『ばるぼら』(20)、『ボクたちはみんな大人になれなかった』(21)などがある。

ライアン・ドリース

1966年12月21日生まれ、アメリカ・ミネソタ州出身。1996年に来日し、俳優業や声優そしてナレーターとして活躍。『私は貝になりたい』(08)、『ジャッジ!』(13)、「えいごであそぼ」 (NHK) 、ベネッセ「しまじろう」などに出演。『名探偵コナン 紺青の拳』(19)やドキュメンタリー番組(NHK World)などの声優や、数々のCMのナレーションを担当している。

ルナ

5月6日生まれ。幼少期を日本で過ごし、13歳の時に女優を目指し、ニューヨークへ渡米。マンハッタンのラガーディア高校ダンス科に進学。その後、映画の名門大学・北京電影学院へ中国留学。現在、海外を拠点に女優活動を行う。出演作に『淬火』(20)、短編映画集『昨日より赤く明日より青く- CINEMA FIGHTERS project』(21)の「水のない海」、『致命嫌疑 Highly Suspect』(21)などがある。

中村優一

1987年10月8日生まれ、神奈川県出身。「仮面ライダー響鬼」(05)、「仮面ライダー電王」(07)で人気を博し、『太陽と海の教室』(CX)、『ふたつのスピカ』(NHK)、『もやしもん』(CX)等に出演。主演ドラマでは、「薄桜鬼SSL ~sweet school life~」(15)、「最後の晩ごはん」(17)など。映画では、『スレイブメン』(17)、『恋のしずく』(18)、『大綱引の恋』(21)、『MISSING』(21)などがある。

西尾舞生

1986年3月3日生まれ、東京都出身。世界最年少8才で、天才プロマジシャンとしてデビュー、Mr.マリックの一番弟子としても活躍した。Twitterアイドルグループ「スルースキルズ」結成一期生(リーダー)として活動していた。現在は、タレント兼タロット占い師、女優として活動している。主な出演作に、『ビバ!カッペ』(10)、『棘の中にある奇跡 笠間の栗の木下家』(18)、『透子のセカイ』(19)などがある。

アレクサンダー・ハンター

1988年5月3日生まれ、アメリカ・ワシントン州出身。声優業や、類稀なる体格を活かしたアクション俳優としても活躍中。Amazon Primeのドラマ「Benza English」での演技が評価され、2020年ソウルウェブフェストでライジング・スター賞を受賞。主な映画出演作に、『アイネクライネナハトムジーク』(19) 、『君の眼が問いかけている』(20)などがある。

渡辺裕之

1955年12月9日生まれ、茨城県出身。『オン・ザ・ロード』(82)の主演で俳優デビュー。「リポビタンD」のテレビCMに出演。主な映画出演作に、『ガメラ 大怪獣空中決戦』(95)、『桜田門外ノ変』(10)、『超高速!参勤交代リターンズ』(16)、『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』(19)、『海辺の映画館―キネマの玉手箱』(20)などがある。

STAFF

監督:曽根剛

ロサンゼルスでプロデュース・監督した初長編映画『口裂け女in L.A.』(15)、『9つの窓』(15)が2016年に劇場公開。その後、台湾、ヨーロッパに渡り、『台湾、独り言』(17)、『パリの大晦日』(17)を手掛ける。韓国で制作した『ゴーストマスク~傷』(18)はモントリオール世界映画祭に、『透子のセカイ』(20)が上海国際映画祭に招待される。近年では、『ゴーストダイアリーズ』(20)や、全編香港ロケで制作した日本・香港合作『二人小町』(20)などを手掛ける。公開待機作として『リフレインの鼓動』(21)がある。『カメラを止めるな!』(17)では撮影監督を務め、第42回日本アカデミー賞優秀撮影賞を受賞した。

脚本:上田慎一郎

1984年4月7日生まれ、滋賀県出身。中学時代から自主映画を撮り始め、高校卒業後も独学で映画を学ぶ。2009年に映画製作団体を結成。『お米とおっぱい。』(11)、『恋する小説家』、『テイク8』など10本以上監督し、国内外の映画祭で20のグランプリを含む46冠を獲得。劇場長編デビュー作『カメラを止めるな!』(18)が、口コミを中心に爆発的な評判を呼ぶ。主な監督作品に、3人共同監督作『イソップの思うツボ』(19)、『スペシャルアクターズ』(19)、『100日間生きたワニ』(20)、『DIVOC-12』(21)など。公開待機作に『ポプラン』(21)がある。

ページトップへ戻る